記事一覧

2022年1月より瓦屋根の緊結方法が強化されます

こんにちは、営業部です。

建築基準法の改正により、
2022年1月2日から瓦屋根の緊結方法が強化されるのはご存じでしょうか?

瓦屋根は耐震性や耐風性に優れ、古くから我々日本人の家屋や生活を守ってきました。
それらの性能は本来、適切な設計・施工方法によって確保されますが、
昔ながらの工法によっては災害時には瓦が脱落・飛散する恐れがあります。

そうした被害を未然に防ぐためにも国土交通省により、
「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」が示されています。
そこでは、従来の工法とガイドライン工法の違いや、お住まいの屋根の施工状況を把握するための記録シートなど、
分かりやすく記載されていますので、この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
↓↓↓
http://www.nilim.go.jp/lab/hcg/yanegawara/index.htm
〈国土交通省 国土技術政策総合研究所「屋根瓦を落とさない・飛ばさないための7つのQ&A」〉

ファイル 1744-1.jpg

弊社では賃貸マンションや工場・倉庫の新築工事のほかに、
ドローンを使った無料点検等も承っております。
普段は見えない屋根や雨どいの様子を映像や写真でご確認いただけますので、
お気軽にお問い合わせください。


埼和興産㈱ 営業部
 電話:048-224-3494
 FAX :048-224-7712
 メール:info6@saiwa.co.jp
 LINE ID:890JSQRF

最近気になったこと

最近電車通勤をするようになり、ものすごく気になったことがあります。

それは、電車の中刷り広告に、空きがたくさんあることです。
私の使用している電車に限ったことなのかもしれませんが、大体2割程度空いている状態です。

特に某ゴシップ週刊誌の中刷りを読むのが楽しみでしたが、
最近見かけなくなりました。

こんなところにもコロナの影響が出ていると思うと、
一日も早く通常の経済活動に戻れる事を願います。

ファイル 1743-1.png

T.K